スポンサーサイト

  • 2016.01.04 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    種まきの季節

    • 2014.04.13 Sunday
    • 22:00
    ハレルヤ、
    主バンソク教会の愉花ですkamule

    あっと言う間に桜は散って、
    畑は種まきの時期ですね音符

    以前、少しハーブの勉強を
    していたことがありました。


    聖書には
    ハーブやスパイスが沢山出てきます
    太陽

    聖書を読み始めたとき、
    知っているハーブの名前を探すのが
    楽しみの一つでしたー


    例えば
    コリアンダーコエンドロ(出エジプト記 16章31節)
    とか。
    いのんどクミン(イザヤ書 28章25節)など。


    ↑こちらはコリアンダー

    コリアンダーは、
    タイ料理でおなじみのパクチーと同じですクローバー


    こうやって聖書と近くなるのも楽しいですよハート

    ハーブの多くは
    地中海沿岸やヨーロッパ原産のものが多いので、
    アルカリ性の土で元気に育ちます。

    日本の土は酸性なので、
    石灰を入れて中和させるなど

    上手く育てるには少し工夫が必要ですが、

    この季節、聖書に出てくるハーブたちを
    種や苗から育て始めるチャンス
    ↑docomo


    ベランダで十分育てることもできますニコッ




    いのんど

    聖書に出てくる
    ハーブやスパイスのお話も、

    沢山ではないですが、

    お気に入りのものを少し、
    お伝えできたらと思っていますキラキラはぁと


    おつきあいくださいね〜笑



    愉花kamule

    主バンソク教会ホームページ
    http://lovethelord.wix.com/chubanseok

    主バンソク教会Facebook
    https://www.facebook.com/Chubanseok

    主バンソク教会Twitter
    https://twitter.com/Chubanseok

    JUGEMテーマ:花のある暮らし














     

    たった一つの花

    • 2014.04.02 Wednesday
    • 23:50
     

    ハレルヤ。



    主バンソク教会の愉花kamuleです。

     

     

     

    12月に買ったミズキの枝から、


     

     

    ようやく、

    ひとつ花が咲きましたheart






     


     

     

     

    水を張ったバケツの中で

    土から離れて、4か月。

     

     


     

     

    外の風にもあたらないのに、


     

     

    どうやって、

    季節を覚えてるんだろうね。

     

     




     

     

    自然の法則どおりに、

     

    ちゃんと生きててくれましたtaiyo2


     

     



    ハレルヤニコ




     

     

     

    指先ほどにもならない

    ほんとに小さな花だけれども、

     

     

    やっと開いた一つの花は、
     

     



    花瓶の中で、



    一番気になる おーきな 存在hana
     

     

     

     

    買ってきた花が

     

    早く枯れてしまうよりも、

     

     

    この小さな花が





    知らないうちに、

    枝から落ちてー



    どこかにいってしまうほうが、

     

     

    もっと、がっかり...

    悲しい気持ちになると思う
    ぐすんぐすん

     

     


     

     

    神様が人間ひとりを見る心ハートも、
     

     

    きっと、



    こうなのかなって思いました。









    大きい、小さい、

    綺麗とか、関係ない。







    大事にしてきた一人のひとが、



    どこにいるのか、

    元気にしてるか、



    いつも気にして、

    見守ってくださっている
    ハート


















    教会に通う先輩から、

    教えてもらったことがあります。







    自分のことを、

    自分の目でみちゃいけないよ
    って








    神様の立場になって

    自分を見てみるんだって
    虹










    みんなも

    試しにやってみて上







    神様のおおきな愛で、

    自分を見つめてみて。









    自分自身のことを、

    もっと大切にしたいって、






    そんな風に思えてきませんか花









    だから、自分っていう存在を、



    適当に使わないでね。








    大切に思って



    しっかり管理、してくださいね
    グー



     

     







    神様の心
     

     

    知るってすごく大事なこと。









    生きる力が湧いてきます
    ハート嬉しい

     

     













    愉花kamule








     

     
     
     

    主バンソク教会ホームページ

    http://lovethelord.wix.com/chubanseok



    主バンソク教会Facebook

    https://www.facebook.com/Chubanseok



    主バンソク教会Twitter

    https://twitter.com/Chubanseok

     

     


     




    JUGEMテーマ:花のある暮らし

    卒業おめでとう。

    • 2014.03.27 Thursday
    • 19:00

    ハレルヤ〜



    主バンソク教会の

    愉花ですkamule











    卒業シーズンですね。





    主バンソク教会では、



    日曜日に、





    大人の礼拝とはまた別に、



    子供礼拝を捧げていますSMILY



    ・・・愉花は、子供礼拝のお手伝いをさせて頂いています。









    教会に通う子供たちの中にも、



    小学校を卒業する子や、







    幼稚園や保育園に

    通い始める子がいます。







    神様が



    また一歩、


    成長させてくださいました
    うさこ




    ハレルヤ矢印









    ご卒業ご入学のお祝い桜

    の思いを込めて、





    子供礼拝の先輩教師の方から

    教えていただいた、







    心に響いたメッセージを

    お伝えしたいと思います。














    子供たちは、



    大人が話すとおりに



    作られていきます。





    歌が苦手な子に、



    『あなたのその声、本当に素敵ハートまーくまーくまーく





    って、

    続けて続けて話してあげたら、







    子供たちは







    ほんとに、

    そうなっていくんです
    テゴシマーク











    能力より、大きなこと、



    それは「自信」です。









    そして一番大きな自信は、



    どこから来るのか。







    神様があなたと共にする↑



    ということ。









    そのことを、



    幼い頃から、

    教えてあげなさい
    ちゅん
















    新しい世界に出て行くと、



    何かしら、


    越えるべき、
    ハードルに直面します。









    できる!



    神様が共にしてくださる↑





    この言葉で

    乗り越えていく、



    子供たちになってほしいな。








    神様〜ハート





    これからも、

    ずーーっと目を離さすに、






    子供たちのことを、





    強く、優しく、

    育ててくださいね〜
    お願い






    愉花kamule





    主バンソク教会ホームページ

    http://lovethelord.wix.com/chubanseok



    主バンソク教会Facebook

    https://www.facebook.com/Chubanseok



    主バンソク教会Twitter

    https://twitter.com/Chubanseok




























    僕のスタジオにようこそ。

    • 2014.03.20 Thursday
    • 12:09
    ハレルヤ!

    主バンソク教会の
    愉花ですkamule


    友人のお見舞いに行ってきました。


    そういえば、
    しばらく会ってないなあ...と
    思ってた所に、



    手術します。」と、
    連絡がきたのでした。
     

    その子も、神様を信じる人


    大きな病気を
    いくつか経験している彼。

     

    それでも、不思議、

    辛そうな顔ぐすんぐすん
    一度もみた事がありません。

     

    今回も、
    笑顔おかお(幸せ)で迎えてくれました。


     

    自由に動けないからだで、
    時間を持て余してるのかと思ったら、



    そんなに暇じゃないですよニコ」って、
    せっせと何か、してました。

     

    楽器をいくつも操る彼は、

    病室に
    PCを持ち込み、


    賛美歌の音源を
    たくさん整理してました 
    ♪

     

    教会に通う人たちが
    普段の生活の中で、

    たくさん
    賛美してほしい、って


    そんな気持ちで、

    ベッドを、
    スタジオに変えてしまいました
    ー

     

    まだまだ傷が痛むよう...

    早く良くなりますように。





     

    こんな兄弟姉妹の姿から
    受ける力って、

    ものすごいんです。

     

    神様が好きだから、
    兄弟姉妹が好きだから、

    そのために、

    できることに夢中。



    悩み、もがき、
    あるだろうけれど、


    その生き方の中には、
    強い希望が見えるんです


    こういう兄弟姉妹と、
    出会わせてくださったのも、神様うふ


    かけがえの無い

    大切な、
    一人一人です。








    病室の彼から。

    ” 悩んで悩んだ末に、
    手術を受けるようになりました。


    神様のお墨付きがあるなら
    とても幸せで間違いがなく、


    時には辛く、痛み、
    大変だったとしても、
                  

    その道を最後まで行くのです。

                 
    神様は、

    ぜったいに愛して、
    最善の道に導いてくださるから
    heart” 




    愉花kamule

     

    主バンソク教会ホームページ
    http://lovethelord.wix.com/chubanseok

    主バンソク教会Facebook
    https://www.facebook.com/Chubanseok

    主バンソク教会Twitter
    https://twitter.com/Chubanseok




    JUGEMテーマ:日記・一般

    さわやか☆ JBボーイズ

    • 2014.03.13 Thursday
    • 22:23
    ハレルヤ。

    主バンソク教会の愉花ですkamule


    聖殿の装飾、新しくしましたクラッカー





    松ぼっくり隊長のお気に入りは、

    ひつじの時計
    羊でおなじみの
    ホビーハウス、ユ○○ヤ。



    神様を愛する子ひつじ羊羊
    隊長の作品づくりは、

    この場所から、はじまります。



    沢山の生地を
    代わる代わる手に取り、

    色の違う布を重ね合わせて、
    生地を選んでいきます。

    真ーーー剣です。



    今回も無事、

    天国級の構想を
    頂くことができました。



    ハレルヤ
    スマイル


    白、みずいろの布。

    ビーズのポイントが、
    全体に締まりを与えてくれました。



    松ぼっくり隊長のコメントをどうぞ。

    ↓ ↓



    今回は男性献身礼拝という、

    男性が中心となって捧げる礼拝があり、
    そのための装飾です。



    装飾の準備をするときに、
    思い浮かんだのが下記の聖句。




    「わたしはあなたに命じたではないか。
    強くあれ。雄々しくあれ。

    恐れてはならない。
    おののいてはならない。

    あなたの神、主が、あなたの行く所どこにでも、
    あなたとともにあるからである。」
     
    旧約聖書 ヨシュア記 1章9節



    男性的な雄々しくあれのイメージがいい!


    そこで、
    生地屋さんでお祈りして思い浮かんだのが
    今回の配色でした。




    あまり深くはかんがえず、
    イメージをいただきながら、

    行き当たりばったりで生地を買い、

    生地を割き、
    ちょこちょこつけていきます。



    無心になれるので、
    好きな時間です。




    男性=青
    よくあるイメージですね。




    後から、
    なんで男性が青が好きなのか調べて見ました。



    すると、

    古来、男性は狩りを行い、
    青空を見上げていたから。

    なんていうことも言われているみたいですね。




    私は狩をしたことはありませんが、
    空はよく見上げます。






    青空の向こうにいる神様。
    青は神様が人に見せたい色なのかもしれない・・


    と思ったりもします。



    清々しく、
    心も爽やかになる色ですね。




    強く、

    雄々しく、

    そして爽やか、


    主バンソクボーイズも
    よろしくお願いします!



    ※解釈は人により異なりますわらう







    たしかに
    人が、人をみるときに、


    自分の立場で
    解釈いろいろするけれど、


    でも、一番大事なことは、

    神様の目に、
    どう映ってるかってこと
    ハート



    その事を知っていて、
    忘れず生きていられたら、


    その人は、

    人の目にも、

    ちゃーんと
    素敵に映っているのです
    キラキラ



    今回も、真心の作品が、
    神様に捧げられました。


    隊長さんの奮闘する姿は、

    神様の目にも、
    人の目にも、

    素敵ほしに映っていたことを

    ご報告させていただきますっ
    パンダ




    青い装飾も、
    主バンソクボーイズも、


    強く、雄々しく、さわやか、

    神様の芸術作品です
    スマイル



    愉花kamule
     

    主バンソク教会ホームページ
    http://lovethelord.wix.com/chubanseok


    主バンソク教会Facebook
    https://www.facebook.com/Chubanseok


    主バンソク教会Twitter
    https://twitter.com/Chubanseok



    JUGEMテーマ:お知らせ

    カメラを通して見えるもの。

    • 2014.03.06 Thursday
    • 12:00
    ハレルヤキラキラ



    主バンソク教会の愉花kamuleです。



    今日は一人のカメラマンカメラ

    ご紹介したいと思います。




    リッチモンドくんサンクス







    あ、日本人ですわらう

    愛称 リッチモンドくん。




    リッチモンドくんも、

    主バンソク教会の兄弟の一人です。





    私はリッチモンドくんの写真



    大好きおかお(幸せ)です。







    初めて作品を見せてもらったとき



    光の暖かみと柔らかさに感動し、





    それ以来ブログの中で、

    彼の作品をよく使わせてもらっています。








    彼の写真に出会って、



    カメラカメラを通してこそ見ることのできる



    自然の美しさクローバーを知りました。








    自分の目に映っても、

    気づかずに通り過ぎてしまう



    小さな花たち
    花







    彼の写真の中では、

    特別な作品となって光を放ちますキラキラ




    静止した一場面なのに、

    止まっている感じが不思議としない。





    そして、

    どこか懐かしい感じがして、



    心を落ち着かせてくれるー



    すてきな作品ばかりです。









    リッチモンドくん

    ここで提供してくれている写真は、



    フィルム
    で撮られています。





    現像するまで確認することができない、

    緊張の作品つくり。





    きっと私たちが知らない

    面白い事を教えてくれそうな気がして、





    今回、

    リッチモンドくん
    サンクスから、





    彼のお気に入りの写真と共に、

    コメントを頂きました
    カオ















    この写真に写るのは



    平凡な自転車たちですが、






    太陽の光が差し込んだわずかな瞬間、



    自転車が姿を変え



    生き生きとしているように感じました。






    まるで動物が



    草原で戯れているようにも見えます(Ri)


















    次の写真は



    暗かった夜が明けて



    建物の中に陽が当たる場面です。





    蛍光灯の下では表情を表さない



    コンクリートや木材、鉄、ガラスなどの素材が



    太陽によって物質感を示すようになります。








    このように、



    普段私たちが見ている自然万物は



    太陽が照らす時に本来の姿を表し



    それ以上に生き生きとしたものになると感じます。





    太陽のような神様が



    私たち人間に働く瞬間もこのようなんだなあ(Ri)











    太陽晴れの光が



    万物クローバーに、

    生命力を注いでくれているみたい。





    リッチモンドくんの写真には、



    ほんとに神様ーが、

    映っているのかもしれないね。










    絵画やステンドグラスを使って



    文字の代わりに、

    聖書の教えを伝えていた時代がありました。





    技術が進んで、

    今の時代、



    カメラや映像を通して

    美しく、もっとリアルに、



    神様の世界を、

    知ることができるようになりました
    ★





    感謝、感謝。





    これからも



    リッチモンドくんサンクスには、





    カメラカメラを通して出会った

    神様を感じる瞬間を、



    たくさん撮って欲しいなあ
    うふ









    JBガールズブログファンの皆様にも、



    彼の作品たちを、

    またブログの中で、



    ご紹介していきたいと思います。





    ご期待くださいねニコ







    愉花kamule




    主バンソク教会ホームページ

    http://lovethelord.wix.com/chubanseok





    主バンソク教会Facebook

    https://www.facebook.com/Chubanseok





    主バンソク教会Twitter

    https://twitter.com/Chubanseok












































































    衝撃!○○○ 密会☆

    • 2014.02.27 Thursday
    • 18:20
     

    ハレルヤ。

    主バンソク教会の愉花ですkamule
     

     

     

    今日は、

     

    私がずっと書きたかった。

     

     

    けれども、ちょっと、

     

    書きづらかった事を。
     

     

     

    ブログを書く時は、
     

     

    花や、植物のこと中心

     

    ゆったりした内容をめざしたい

    愉花kamuleですが、

     

     

    ごめんなさいちゅん

    だいぶ脱線してしまいました。

     

     

     

     

    私が今まで体験した事の中で、

     

    上位に入る、

     

    不思議エリザベス ?な出来事

    お伝えしたいと思います。

     

     

    気をらく〜にして、

    読んでくださいニコッ

     


     

     

     

     

     


     

     

    不思議なふたりの男が登場します。

     


     

     

    以前、地下鉄の始発の駅を

     

    通勤で利用してました。

     

     

    5時台、

     

    結構早い時間に利用していたのもあり、

     

     

    1車両に、

     

    乗っているのは一人二人。

     

     

     

    私が座席に座っていると、

     

    ある一人の男が乗ってきます。

     

     

     

    小柄で、

     

    強めにかけたパーマ頭で、

     

    少し背中を丸めて歩く、

     

    長靴を履いた男足

     

     

     

    その男はいつも

     

    私の真向かいに座ります。

     


     

     

     

    始発駅を出ると、

     

    次の駅まで1分程度。

     

     

     

    そこにまた一人の男が乗ってきます。

     

    小太りで、大柄な男セーター

     

     

    すると、



    最初に乗ってきた男が立ち上がり、

     

    その男のほうに向かって歩いていきます。

     

     

     

    そして小太りの男とすれ違う時、

     

    あるもの」を受け取ります。

     

     

    一言も交わさずに、

     

    目線もあわせずに。

     

     

    そして、「あるもの」を受け取ったら

     

    小柄な男は、一駅で下りてしまいますびっくり

     

     

     

    歩いてもそれほど遠くない

     

    二つの駅。

     

     

     

    ただそのものを

     

    受け取ることだけを目的に、

     

     

    乗車するように思える、

     

    不思議な行動。
     

     

     

    さて、何を受けとるのか

     

     

     

     

    ものすごいものを

     

     

    受け取るんですよ。

     

     

     

     

    何だと思います?

     

     

     

     

     

     

     

     

     






     

     

     




     

     

     

    バナナバナナ
     

     




     

     

     

    バナナ一本

     

    そのまま。

     

     

     

     

    二人の男たちは一言も交わさず、

     

     

    一人の男はバナナを差し出し、

     

     

    もう一人の男は、

     

    バナナを受け取る。

     

     

    そして、

     

    そのまま降りてしまう。

     

     

     

     

    私以外にも

     

    目撃していると思うのですが、

     

     

    見てはいけないような、

     

    触れてはいけないような、
     

     

     

    沈黙の空気が、

     

    車内に流れるんですひと??

     

     

     

     

     

    同じ時間、

     

    同じ車両、
     

     

    その二人の男の

     

    その不思議なやりとりは、

     

     

    しばらくの期間続けられ、

     

     

    私も、見ぬ振りをしつつ、

     

    思わずちらっと見てしまう、

     

     

    そんな日々が続きました。

     

     

     

     


     

     

     

     

     

    しかし、その密会に、

     

     

    ある日突然、

     

     

    終わりが訪れますびっくり

     

     

     

     

    ある日の始発駅。

     

     

     

    いつも乗ってくる

     

    あの小さい男が….

     

     

     






     

     

     

    乗ってこなかったんです。

     

     

     

    そして、次の駅。

     

     

    小太りの男は、

     

    乗ってきました。

     

     

     

     

     

     

    あれ??

     

     

     

    不思議な表情をみせて

     

    小さい男を探す目線。

     

     

     

    しかし、いないはてな

     

     

     

    少し悲しそうな顔ムスっを浮かべながら、

     

    男は静かに座席につきました。

     

     


     

     

     

    そして、

    目を閉じて、

     

     

    何も無かったかのように、

     

    居眠りを始めました。







    バナナ

    持ってきてたんだろうなあ.....ショボン

     

     

     

     

     

     

     

    そして、

     

    その日以来、

     

    その小さい男が地下鉄に

     

    乗ってくることはありませんでした。

     

     

     

     

     

    あのバナナを手渡すやりとりだけが、
     

     

    突然、幻のように、

     

    朝の風景から消え去りました。

     

     

     

     

     

    不思議でしょう。

     

    これ、本当の話です。



    噓偽りない、私の実体験!



    バナナの密会バナナ

     

     

     


     

     

     

    さて、

     

     

    ブログを読んでくださっている皆さん!

     

     

     

    ここからは、

     

     

    ちゃんと、

     

    神様の話をします!

     

     

     

    先日、

     

    このバナナの密会の話を

     

     

    仕事の合間に同僚に話したのですが、
     

     

    幸いなことに、

     

    笑ってくれました。

     

     

    そして、

     

    ちょっと考えたことがありました。

     

     

     

     

    自分が体験したことは、

     

    どんな不思議な内容だとしても、
     

     

    はっきり伝えることができるって、

     

    当たり前なことなんですが…。

     

     

    作り話だったら、

     

    私はこんなに

     

    凝った話はつくれませんニコ

     

     

     

     

    実は、このブログも

    そうなんです!!

     

     


     

     

     

    私たちJBガールズ

     

    ブログを書いているのは、

     

     

    自分が体験した神様の話を

     

    ブログで発信していくことで、

     

     

     

    沢山の方に、

     

     

    神様に対して、

     

    教会に対して、

     

     

    まず、好奇心を

     

    思っていただきたい星

     

     

     

    そんな願いがありますちゅん

     

     

     

     

     

     

    しかし、

     

    読み手の方から見れば、

     

    自分が体験していないことだし、

     

     

    ましてや、

    神様は見えない方なので、

     

     

    神様って信じるって、

     

    本当に?本気に?って、



    感じていらっしゃる方も、

     

    もしかしたらいるかもしれない。

     

     

     

     

    バナナの密会の話が、

     

     

    物語みたいに、

     

    聞こえるように、

     

     

     

    神様の話は、

     

    とても不思議で、

     

     

    空想の世界のように

     

    聞こえることも

     

    沢山あるかもしれません。

     

     

     

     

    しかし、

     

    JBガールズは、

     

     

    自分たちの生活の中の、

     

    小さな神様体験を

     

     

    真実に、

    書いていますハート

     

     

     

    知識でなくて、

     

    体験したことなので、
     

     

    確信をもって、

     

    書いていますハート

     

     

     

    私たちは

     

    牧師さんのように、
     

     

    沢山の知識を

    伝えていくことはできませんが、



    楽しく、でもはっきりと、

    自分たちの言葉で書いていくつもりですニコッ

     

     

    だから、

     

    これからも

     

    ぜひ、お気軽に、
     

     

    JBガールズ のブログに

     

    お立寄くださいね

     

     

    個性豊かなブロガーたちが、

     

    たのしい信仰生活を、
     

     

    毎日毎日晴れ

    皆様にご紹介していきますので。

     

     

     

     

    ご期待ください〜
     

     



    少し遠回りしましたが...
     

     

     

    次回は、

     

    もう少しちゃんとした、



    神様のお話を、

     

    書いていきたいと思いますニコッ





    愉花kamule






     

     

    「はるのいぶき」聖殿装飾変わりました!

    • 2014.02.20 Thursday
    • 07:00

    ハレルヤ。

    主バンソク教会の愉花kamuleです。



    いつもは



    お花のこと、

    自然のことを、

    書かせてもらっていますが、



    今日はちょっと違う話題を。









    聖殿の装飾を一新しました〜。





    主バンソク教会の

    聖殿装飾は、



    教会一の

    はいせんす男子:)



    松ぼっくり隊長さんが、



    デザイン、

    買い出し、

    飾り付け、



    すべて担当してくれています。



    「松ぼっくり隊長」の名の由来はこちら↓

    http://chubanseok.jugem.jp/?day=20131226






    愉花kamuleは、

    アシスタント

    させて頂いております。









    今回は、



    柔らかい布と、風船で、

    講壇の前面を飾る構想。





    少しクール

    メインカラーに選ばれた隊長。



    あれあれ?夏っぽい??



    いや、違いました。





    春の息吹を感じる色たちonpu03



    聖殿にがやってきました ちょうちょう







    松ぼっくり隊長のコメントをどうぞ。



    ↓ ↓



    数年ぶりの大雪だるま

    外は真っ白、


    雪を見るとなんだか

    わくわくしちゃいますねスマイル



    この雪が溶けると

    清らかな水となり、



    冬の間、


    土の中で準備していた

    新しい命が芽 葉1を出す



    新しい命

    水色グリーンでイメージしました。





    神様が造られた色

    ほんとうにきれいだなヘキサゴンと思います。

              

    この季節の色を

    少しでも装飾で表現できればと思い、


    色を選びました。





    神様も喜んでくれるかな〜


















    神様が、

    最高に居心地良い

    空間つくりのために....



    こ〜んなに素敵な、



    聖殿装飾 きらきら



    してる教会、他に無い!!



    って自負しております目がハート







    これからも、



    主バンソク教会の

    聖殿装飾に、






    ご期待くださいね
    ちゅん













    愉花kamule





    主バンソク教会ホームページ

    http://lovethelord.wix.com/chubanseok



    主バンソク教会Facebook

    https://www.facebook.com/Chubanseok



    主バンソク教会Twitter

    https://twitter.com/Chubanseok




    JUGEMテーマ:日記・一般







    .......ぜひぜひ

    ご意見いただけたら嬉しいです
    ゆう★



    次の作品に生かしていきたいです。



    comments ↓ ↓

    花瓶を飛び出して

    • 2014.02.13 Thursday
    • 07:00
    ハレルヤ。



    主バンソク教会の愉花ですkamule







    まだまだ寒い日が続きますが、



    暦の上では立春も過ぎて、



    一日一日、



    春が近づいているのを感じます
    ♪












    今日は



    献花として捧げた花たちの、







    普段お伝えできない姿を



    ご紹介したいと思いますニコ
















        上方の枝がミズキ。











    12月に使った、ミズキ



    水につけてとっておいたら、芽が膨らんできました。







    土から離れても、ミズキは春を覚えています。







    花を咲かせることができますように...
























    チューリップが店頭に並び始めました。







    チューリップは、とても成長が早い花。







    他の花と高さをあわせて生けても、



    次の日には、



    少し頭が飛び出して。







    もう一度高さを合わせても、



    また次の日には、



    頭が飛び出している。







    どんどん背が伸びる、



    元気な子供たちみたい。
    花花花





















    私が一番大好きな花。



    レンテンローズ















    復活節 イースターの前の、



    レントの時期(2~3月)に咲き始めるので、



    この名がつけられました。







    ローズバラといっても、



    見た目の華やかさは無くて







    むしろ地味な雰囲気の花。







    でもなぜか惹き付けられる



    不思議な魅力を持った花です
    ちゅん















    献花として捧げたレンテンローズ。







    終わりに近づいて



    祭壇から下げたあとも、







    捨てるに忍びなくて、



    水につけて置いておきました。








    あるとき、気づいたら、



    花瓶の近くに黒い粒が落ちていました。







    花が枯れたあとに、種がとれたんです。







    土を離れても、



    花としての生を



    すべてやり遂げたようでした。
















                黒の粒が、取れた種です。















    花瓶の中の花すべてが、



    枯れていく一方ではないんです。








    一週間、花瓶の中で、







    それぞれの花の生を、



    生き続けています。





    そんな姿を見せられた時、







    ひとつひとつの花が、



    人のように思えて、







    愛おしくなります
    Docomo80











    目に留まった花や草木、







    その感動を



    大事にして欲しいと思っています。






    http://lovethelord.wix.com/chubanseok#!arts/c1x3p











    毎週捧げている献花花束







    感動を受けてくださった方から



    嬉しい言葉をいただくことがあります。











    捧げた私が、



    特に思い入れの無い花に、



    感動を受けてくださる事が多いです
    kyu(笑)















    神様は自然万物を使役者として、



    人に胸の内を明かされます
    お願い












    創造主神様が、



    花を通して、







    あなただけに



    伝えたいことが、







    あるのかもしれません
    heart




















    愉花kamule











    主バンソク教会ホームページ



    http://lovethelord.wix.com/chubanseok







    主バンソク教会Facebook



    https://www.facebook.com/Chubanseok







    主バンソク教会Twitter



    https://twitter.com/Chubanseok






    JUGEMテーマ:花のある暮らし











    JUGEMテーマ:日記・一般

    ポエトリーリーディング -詩をたのしむ-

    • 2014.02.06 Thursday
    • 07:00

    ハレルヤ。
    主バンソク教会の愉花です 
    kamule


    ある主日礼拝の後、

    主バンソク教会では、

    特別講師をお招きして

    御言葉を伝えて頂く機会がありました。


    その講義のスタイルが、

    とても新鮮で、感動的でしたハート



    詩の朗読だったのですが、

    映像や音楽をつけて、

    詩の中のことばの他には

    ひとことも加えず、

    心情的な声で語られる神様の世界きらきら




    自分を紹介してもらうとき、

    自分が願う通りに紹介してもらえたら

    心が楽で、嬉しいものですちゅん




    詩の朗読で構成された御言葉は、

    神様の心そのまま


    神様も楽な心で、

    耳を傾けていらっしゃるような気がしました。


     



    「ポエトリーリーディング」

    詩を、音楽にあわせたりジェスチャーしながら
    朗読するアート形態のこと。



    ある詩人のカフェライブで、

    はじめて、このアートを知りました。



    詩という平面で表現された世界を、

    声色や、体の動き、音楽など...

    足したり引いたりしながら、

    空間に作品を作りあげていきます。







    私も好きな詩を読んでみたくなって、

    音楽をかけて自分なりに工夫したけれど、



    気に入るようには、

    なかなか すぐには難しいですね...
    Docomo_kao8



    でも、

    そのまま読んでいた好きな詩も、

    ちょっと新しくを試みるだけで、

    心が変わるし、

    続けて やりたくなってくる
    ちゅん



    今週の御言葉で、
    こう教えて頂きました。


    いつもやっていたコースは
    退屈で飽きます。

    新しいものを見つけたら
    「初恋の火」がつきます。


    2014年2月2日
    「初恋を失ったら、愛する人を奪われる」

    http://bsksunday.blogspot.jp/2014/02/201422.html



    まさに、その通り顔


    そういえば、

    詩を読むような、

    小さな生活の変化も、


    新しい御言葉を聞いて、

    意識していたから試みたこと。


    変化の機会を毎週頂いていることに、

    あらためて感謝しました
    顔





    主バンソク教会HPには、

    素敵な詩のコーナーがあるんですよ。

    http://lovethelord.wix.com/chubanseok#!poems/c1vue


    じっくり読んでみて、

    お気に入りの詩を探してみてくださいね。



    声に出して読んでみると、

    神様が 近く感じられるかも知れませんハート




     
    愉花 kamule


    主バンソク教会ホームページ
    http://lovethelord.wix.com/chubanseok

    主バンソク教会Facebook
    https://www.facebook.com/Chubanseok

    主バンソク教会Twitter
    https://twitter.com/Chubanseok

     



    JUGEMテーマ:日記・一般

    recent comment

    profile

    JBG人気ブログランキング!

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM